オリエンタルカレー(昭和から続く懐かしい味)

スポンサーリンク

愛知ご当地カレーの定番
うみゃーでいかんわー

発売から半世紀を超えて愛される即席カレー。久しぶりに「オリエンタルカレー」を食べてみました。カレーの”粉粉感”が懐かしいカレーライスの原点です。

オリエンタルカレー

エビフライとの組み合わせは定番

名古屋といえばエビフライ(えにぶりゃー)。エビのぷりぷり感とカレーの味は最高のコラボです。

エビフライカレー
▲少し濃い目のルーをエビにかけ、カレーの”粉粉感”を味わうのも好きです。同じオリエンタルのグァバジュースと一緒に食べました。

昔ながらのハムカツカレー

ハムカツカレー

カキフライカレーはご馳走です

カキフライとの組み合わせ。カレーの辛さにカキのジューシーでとろっとした味覚は最高の組み合わせだと思ってます。

カキフライカレー

白身魚フライとメンチカツー

白身魚とメンチカツの相性もボリューム感があっていいです。(写真は拡大します)

白身フライカレー

白身フライ

メンチカツカレー

メンチカツ

「かっぱえびせん」にカレー

昭和からの人気お菓子「かっぱえびせん」にカレーをつけて食べるのも美味しいよ。ちなみに現在の「オリエンタルカレー」は昭和44年(1969年)、「かっぱえびせん」は昭和39年(1964年)の発売ということです。

かっぱえびせん

おやつ

昭和44年(1969年)はどんな年?

オリエンタルカレーむかしのパッケージ(昭和)
オリエンタルカレーのメーカー「株式会社オリエンタル」のHPによると、レトルト食品分野に参入にたのは昭和44年で、「オリエンタル スナックカレー」の販売が始まったということです。

社会
  • 東名高速道路が全線開通
  • アポロ11号が初めて有人月面着陸
  • 渥美清主演の映画「男はつらいよ」シリーズが始まる
  • 日本初の現金自動支払機(CD=キャッシュディスペンサー)の運用が始まる
おもな流行歌
  • 由紀さおりさん「夜明けのスキャット」
  • 森進一さん「港町ブルース」
  • いしだあゆみ「ブルー・ライト・ヨコハマ」
  • ピンキーとキラーズ「恋の季節」
  • 皆川おさむ「黒ネコのタンゴ」
  • 内山田洋とクール・ファイブ「長崎は今日も雨だった」
歴史の長いカレー

レトルトカレーとして世界最長寿は大塚食品の「ボンカレー」で、1968年(昭和43年)の発売です。2023年にギネス記録として認定されています。またハウス食品の「ククレカレー」は1971年(昭和46年)の発売です。

オリエンタルの商品
オリエンタル・グァバ(トロピカルな味だがね)
1973年(昭和48年)発売から50年。昭和チックな原色系デザインの缶ジュースです。何十年も記憶にしっかり刻まれた「グァバジュース」の味はとても美味しい。
オリエンタル・マースカレー(学校給食の味を思い出す)
この味はあの時代のカレーライス。味とともに昭和の風景、家族・学校給食で食べたカレーを思い出します。

 

昭和から続く缶コーヒーの味も素晴らしい!

日本で最初に発売された「UCC缶コーヒー」をはじめ、発売から30年以上の定番コーヒーをまとめています。 昭和缶コーヒー

スポンサーリンク
食品・飲料
スポンサーリンク
シェアする
開運・吉日カレンダー
スポンサーリンク
今年の恵方は東北東
オールジャパン

吉日カレンダー