笠寺観音を参拝(ご詠歌が流れ心安らぐ寺院)

スポンサーリンク

笠寺観音(尾張四観音)名古屋市南区
Kasadera Kannon

[目次]

1300年近い歴史を誇り
十一面観音を祀る古刹

正式名は笠覆寺(りゅうふくじ)です。

尾張四観音」のひとつで名古屋市南区にある真言宗(智山派)の寺院です。大須観音と同じ宗派です。奈良時代にあたる天平5年(733年)の創建で1300年近い歴史があります。境内にはご詠歌が流れており心が安らぐ寺院です。

笠寺観音

開基は次のように伝承されています。

呼続(よびつぎ)の浜辺に流れ着いた霊木が夜な夜な不思議な光を放ち、見る人は恐れをなした。近くに住んでいた禅光(ぜんこう)上人は夢のお告げを受け、その霊木を彫らせて十一面観音菩薩の像を造り、堂を建て、そこに観音様をおさめ、寺号を「天林山 小松寺(のちの笠寺観音)」とした。天平五年(733)のことであった。

本堂内

十一面観音(笠寺観音)

下記の写真は拡大表示します。

笠寺観音 笠寺観音
山門 山門から本堂の眺め

十一面観音のご利益と真言

人々を災難から守り現世利益を授けると伝えられています。特に笠寺観音は創建からの歴史で、縁結びのご利益を伝えられています。また「なごや七福神」の霊場にもなっており、恵比寿様を祀るため、商売繁盛のご利益もあります。

  • 縁結び
  • 厄除け
  • 開運

ご真言オン マカ キャロニキャ ソワカ

御朱印

笠寺観音の御朱印

納経料は300円(2024年1月現在)。「なごや七福人」の霊場でもあり、恵比寿様の御朱印として頂きました。ご本尊の「十一面観音」は申し出により授かることができます。受け付けは16時までで、イベント時などは書置きのときがあります。また2024年4月1日(月)より御朱印の納経料が改定されるということです。(500円になる見通し)

歴史と名称の由来

観音様と玉照姫の物語として伝承されています。

本堂の隣に立つ玉照殿
縁結びのご利益があるとされています。

ここに一人の娘がいた。彼女は鳴海長者・太郎成高の家に仕えており、その器量を妬まれてか、雨の日も風の日も、ひどくこき使われる日々を送っていた。ある雨の日、雨露に濡れる観音様の姿を見て気の毒に感じ、自分がかぶっていた笠をとり、観音様にかぶせたのであった。その縁か後日、関白・藤原基経(もとつね)公の息子、中将 兼平(かねひら)公が下向のおり、長者の家に泊まった際にその娘をみそめ、自分の妻に迎えようと決心した。

玉照姫と兼平公
玉照姫と兼平公

苦境を救われ兼平公の妻となった彼女は「玉照姫=たまてるひめ」と呼ばれることとなった。この観音様によって結ばれた玉照姫・兼平公ご夫妻は、延長8年(930)、この地に大いなる寺を建て観音様を奉安し、寺号を小松寺から「笠覆寺=りゅうふくじ」に改めた。この寺号が「笠寺=かさでら」の名の由来である。
以来、現在に至るまで「笠覆寺」は「笠寺観音」の通称で親しまれ、厄除けや縁結びの観音様として、多くの人々の信仰を集めることとなる。

スポンサーリンク

多宝塔には阿弥陀如来が祀られています。

多宝堂

六地蔵

六地蔵(笠寺観音)
六地蔵は六道(地獄道、餓鬼道、畜生道、阿修羅道、人間道、天道)にある衆生(命あるもの)の苦悩を救うお地蔵さまです。

おもかる地蔵さま

おもかる地蔵
六体のお地蔵様が祀られています。お地蔵さまを持ち上げ、次にお願いごとをしたあとに、もう一度お地蔵様の体をゆっくり持ち上げて、軽いと感じたら願い事が叶うとされます。しかし重いと感じたときは、願いが叶う時期は遅いとされています。

おもかる地蔵は全国各地にもあります。

その他の写真

写真は拡大表示します。

役行者堂 本堂から山門 水かけ地蔵
仁王像 放生池 亀の池

大きな写真を掲載しています。
(パソコンでの閲覧を推奨)

本尊ご開帳を拝観

8年に1度のご本尊の「十一面観音」を拝観させていただきました。ご本尊の開帳

おもな年中行事・イベント(2024年)

公式サイトから出典

年中行事として毎月6日、16日、26日は屋台や出店がならぶ「六の市」が開かれ、境内は賑わいをみせています。(雨天を除く)また祈祷も行われています。

  • 2月2日(金)…節分会前夜祭。夜8時より深夜12時まで開運厄除大護摩祈祷
  • 2月3日(土)…節分会豆まき祈祷。午前9時より午後4時まで開運豆まき護摩祈祷
  • 2月18日(日)…観音縁日。ご祈祷:午前10時、午後2時
  • 2月28日(水)…不動明王縁日。ご祈祷:午前10時。

 

案内図(Googleマップ)

名鉄本線「本笠寺=もとかさでら駅」から徒歩5分~10分です。本笠寺駅は普通電車のみ停車します。

笠寺観音までの道筋には昭和風情を残すお店も見かけます。

懐かしさを感じる薬局 お米屋さん
Summary in English

A temple of the Shingon sect (Chizan school) located in Minami-ku, Nagoya. It is of the same sect as Osu Kannon. It was founded in 733 during the Nara Period (733-794) and has a history of nearly 1,300 years.

It is a 5 to 10 minute walk from Motokasadera Station on the Meitetsu Main Line. Only regular trains stop at Honkasadera Station.

尾張四観音を巡礼​
荒子観音 甚目寺観音 龍泉寺
荒子観音 甚目寺観音 龍泉寺

般若心経の全文と音読

吉日カレンダー