笠寺観音(ご本尊のご開帳)

8年に1度のご開帳
「十一面観世音菩薩」を拝観

名古屋市南区の「笠寺観音」。令和5年4月9日~18日は、ご本尊が開帳されるため参拝させていただきました。

笠寺観音の入り口

[目次]

スポンサーリンク

ご本尊は「十一面観世音菩薩」

これまで何度もお参りしている寺院です。いつ訪れても本堂から流れる御詠歌に心が静まります。「秘仏」とされる御本尊を拝観するのは初めてです。

ご本堂
奈良時代にあたる天平5年(733年)の創建とされ、1300年近い悠久の歴史の中で、衆生(しゅじょう)の祈りと願いが捧げられた寺院。

ご利益を願い御朱印を購入

本堂内に入ると案内があり、厳かな雰囲気の中で御尊顔を拝しました。写真撮影は禁止です。御朱印とお札を購入しました。平日の昼前でしたが回廊には5、6名の参拝者がいらっしゃいました。拝観は無料でした。浄財(お賽銭)は必要ですね。

笠寺観音の御朱印
御朱印に描かれているように、頭に笠をかぶられたお姿でした。確認したわけではありませんが「笠寺観音」の名前の由来かもしれません。

神々しい観音像というより、日本人が受け継いできた記憶にあるような原風景の中に、静かに佇み「衆生=しゅじょう」を見守ってくださるような印象でした。想像で描くとすれば、陽炎(かげろう)が立つような強い日差しの中に権現されたようなお姿です。

「十一面観世音菩薩」の御真言(呪文)は2つあるそうです。

  • オンロケイジンバラキリク(おお、世の中を照らす者よ)
  • オンマカキャロニキャソワカ(あらゆる苦を抜く願いを成す者よ)

十一面観音は10の現世利益と4の来世果報を授けるとされています。(下記はwikipediaから出典し要約)

現世利益(十種勝利)

  1. 病気にかからない
  2. 一切の「如来=真理に到達した仏」に受け入れられる
  3. 金銀財宝や食物などに不自由しない
  4. 一切の怨敵から害を受けない
  5. 国王や王子が王宮で慰労してくれる
  6. 毒薬や虫の毒に当たらず、悪寒や発熱等の病状がひどく出ない
  7. 一切の凶器によって害を受けない
  8. 溺死しない
  9. 焼死しない
  10. 不慮の事故で死なない

なんと素晴らしい御利益ですね!

来世果報(四種功德)

  1. 臨終の際に「如来=真理に到達した仏」とまみえる
  2. 「六道」の地獄・餓鬼・畜生に転生しない
  3. 早死にしない
  4. 今生のあとに極楽浄土に生まれ変わる

お札も購入

ご本尊(十一面観音)の尊容が描かれたお札です。お顔の部分は撮影時に照明を当てています。

笠寺観音のお札(ご本尊)

般若心経の全文と音読

次のご開帳は2031年(令和13年)

日本のみならず世界情勢の不安定さと自然災害が目立ち、将来の不透明さが増す時代ですね。8年先どころか半年、1年後すら見通すことが困難ですが、日本と世界が落ち着きを取り戻し平和になることを祈り、次のご開帳の時も訪れることができますように、合掌。

「なごや七福神めぐり」もおすすめです

公共交通機関では「一日乗車券(土日祝日はドニチエコきっぷ)」を利用すると便利です。1日で7か所の寺院を巡る計画も可能です。

なごや七福神めぐり