G-SHOCK(GW-8900A-1JF)の電池を自分で交換

スポンサーリンク
スポンサーリンク

交換は簡単!30分程度の作業

CASIOの「G-SHOCK」タフソーラーを新品で購入後、約2年で内蔵されている充電用リチウム電池(二次電池)が劣化したため、自分で交換(意外と簡単)してみました。作業手順とポイントを分かりやすく掲載しています。

G-SHOCKの電池交換

[目次]

筆者が行った交換内容であり、作業は自己責任でお願いいたします。電池交換は簡単ですが細かな作業のため、不安な方はG-SHOCK取り扱い店での交換をおすすめします。店舗によって異なりますが、電池込みで3,000円前後が多いです。

交換手順と作業ポイント

G-SHOCK(型式GW-8900A-1JF)の内容です。電池型番については、8900Aシリーズは同じだと思いますが、他の型式はメーカーサイトなどでご確認ください。

電池の型番など

  • 型番:CTL1616 ・CTL1616F(2.3V)Panasonic
  • 価格:1300円前後(amazonの場合)

CTL1616とCTL1616Fに違いはありません。

CTL1616 CTL1616F

CTL1616 CTL1616F

必要工具など

  • 精密ドライバー(100円ショップの商品でOK)
  • タオルなど(交換時に時計本体の下に敷きます)
  • ルーペーがあると便利です。(時計内部の文字が小さいため)
  • ピンセットやゼムクリップなど(電池交換後のACショートに使います)

交換手順・作業ポイント

準備として作業時に本体の下にタオルなどを敷きます。時計に傷をつけないためと、外したネジを飛ばして紛失を防ぐためです。※写真の背景は画像処理で消しています。

(1)本体裏フタのネジを外す

本体裏フタ

  • 精密ドライバー(+)を使います。
  • 小さいネジのため、外した後に紛失しないように注意して保管。
  • 力を入れ過ぎてネジ山を潰さないように注意。(1個づつ均等に緩め外したほうがいいです)

(2)裏フタを開けた状態

裏フタを開けた状態

防水用パッキン

  • 裏フタを開けると防水パッキン(ゴム)が外れます。
  • 裏フタ、パッキンは外した方向を向けて、横に置いておくと戻すと時に位置を迷いません。

(3)保護カバーを取る

保護カバーを外した状態

  • 保護カバーを取ると電池部分(保護シールが貼られた状態)が見えます。
  • 保護カバーも時計方向に合わせて、横に置いておくとあとで迷いません。
  • 保護シールをはがします。
  • 保護シールは電池交換後に再度貼りますので保管します。

(4)電池の交換

電池の交換

▼固定金具の拡大写真(上記と左右の向きが違います)撮影時にライトを当てているため、色合いが違います。

固定金具

  • 電池を固定している金具を外します。金具はフックされているだけです。マイナスドライバーなどで、少しこじる感じで外れます。(無理な力を加えないように)
  • 新しい電池に交換します(+が上側です)
  • 固定金具を元に戻します。

(5)電池の交換後

ACショート

  • AC部と(-)部を2秒間ショートさせます。
  • ゼムクリップを曲げて使うと便利です。

(6)元に戻して完了

  1. 電池の保護シールを貼る。
  2. 保護カバーをかぶせる
  3. 防水パッキンを載せる(向きに注意)
  4. 裏ブタを取り付ける(1つのネジを強く締めるのでなく、4つのネジを均等に締め付けながら、取り付けることがポイントです。強く締めつけ過ぎて、ネジ山を潰さないように注意)

(7)その他

  • 防水パッキン(ゴム製)の劣化が著しいと、防水性能に影響が出ます。この場合は時計店で交換したほうがいいです。
  • 電池交換後に防水パッキンを置く部分を清掃しました。
  • 今回初めての作業でしたが、写真を撮りながらで1時間くらいです。交換だけなら30分程度で出来るかと思います。

電池交換後の時刻合わせ

電池交換後の時刻合わせは「手動受信」がもっとも簡単です。電池交換後にバッテリー残量が少ない場合は、太陽光で充電してから行います。

手順受信の方法

G-SHOCK(GW-8900A)の手動受信

  1. Dボタンを2秒間押し続ける
  2. 確認音が鳴り受信を開始
  3. 受信が成功すると時刻修正が完了

窓の近くなど電波環境の良い場所が最適です。受信中は時計を動かさないこと。通常10秒程度で完了します。

詳しくはCASIOの取り扱い説明書(PDF)をご参照ください。(24~25ページ)

関連記事

スポンサーリンク
製品レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オールジャパン