G-SHOCK(GW-8900A-1JF)のレビュー・口コミ

スポンサーリンク

反転液晶・白色高輝度LED
アナログ世代のデジタル時計

CASIOのGショック「GW-8900A-1JF」のレビューです。アナログ(針)とデジタル表示を併用した時計が多い中で、デジタル表示だけのシンプルなモデル。

懐かしさを感じるデジタル

流行を追わず基本機能のみに徹した時計。無骨でありながら大人しく、黒のケースに白文字だけのモノトーン。静かに時間を映し出す没個性な液晶は、デジタルウォッチが誕生した時代を思い出します。

G-SHOCK(GW-8900A-1JF)

G-ショック(GW-8900A-1JF)

時間を知るのであれば、視認性に優れたアナログ時計がいい。生活の中で秒単位の正確な時刻を必要とするシーンは少ない。

デジタルウォッチを使わなくなって久しく、液晶表示に忘れていた新鮮さを感じました。

目立たないという選択

時計にデザインや機能、流行を追求することも大切だと思います。また目的や用途、生活シーンによって使い分けるものであり、持つ人の嗜好や世界観を主張するアイテムのひとつですね。

しかし外に向けて主張せず、目立つことのないシンプルさに魅力を感じる時もあります。

1.おもな諸性能

▼G-SHOCK(8900シリーズ共通)

  1. 耐衝撃構造
  2. タフソーラー充電
  3. ソーラー電波(時刻の修正が不要)
  4. マルチバンド6
    日本(福島局/九州局)、中国、北米、イギリス、ドイツの標準電波を受信
  5. 20気圧防水
  6. LEDバックライト

G-SHOCKに共通するコンセプトであるタフネスは、もはや周知の性能ですね。カレンダー、ストップウォッチ、タイマー、アラームなどの基本機能はすべて備わっています。

▼amazon
[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック 電波ソーラー GW-8900A-1JF メンズ

▼楽天
CASIO GW-8900A-1JF G-SHOCK ジーショック ソーラー電波 メンズ

スポンサーリンク

2.海外モデル(逆輸入品)との違い

このGショックは逆輸入品(型番G-8900-1など)がamazon等で販売されています。国内正規品との大きな違いは、電波受信機能がなく時刻の修正が自動で行われません。(ソーラー充電は同じです)また国内正規品と違い、保証等は販売店によって異なります。

感想と評価

Gショック以外を含めて、デジタルの腕時計は久しぶりの購入。もう何年前か忘れてしまいました。解放感を感じる装着感です。特にアウトドアやスポーツでの使用を目的としていませんが、気分転換としてカジュアルで使っています。

液晶の時刻表示が見ずらいとの口コミもあります。使い始めたすぐの感想として、角度によって見え方に大きな差があり戸惑いました。

昼間の屋外で腕に装着した状態では気になりませんが、室内で薄暗い場合はバックライトが必要です。蛍光灯の明かりでもガラスへの反射と映り込みがあり、見づらいと感じる場合があります。これは反転液晶の特徴であり、腕時計として実用性を損なうものでありません。慣れると気にならなくなります。

LEDバックライトはとても綺麗です。オートライト(※)と手動が選択でき、点灯時間も1.5秒または3秒が設定できます。(私は手動で3秒を設定)時刻は電波の自動受信で常に正確であり、G-ショックの高い耐久性とともに安心できます。
※周囲が暗い状態で40°くらい傾けると自動で点灯。

G-ショックの中では低価格の時計ですが、たいへん気に入っています。

購入価格

メーカーサイトに記載されている価格は22,000円(税別)です。
実勢価格は14,000円くらいからです。

スポンサーリンク
製品レビュー
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オールジャパン