懐かしい味「古都の氷華」昭和のアイス

スポンサーリンク

遠い夏の日に食べたアイスに再会!

偶然に買った「かき氷カップ」のコーヒー味フロート。かき氷を食べた瞬間、口の中に何十年ぶりかのコーヒー味が甦りました。

古都の氷華

古都の氷華

センタンのアイス

コーヒー味とバニラフロート

コーヒーの味というより、プリンのカラメルに近いような風味が懐かしい。中央のバニラアイスもふんわりした昭和のバニラですね!

子どもの頃、近くのスーパーや駄菓子屋で買ったアイスの味です。

フロート(バニラ)

フロート(バニラ)

懐かしい氷菓子

黄金色の氷と懐かしい味

センタン「古都の氷華」

この「かき氷カップ」の名前は『古都の氷華』。気になって調べてみると大阪市東成区にある「林一二株式会社」の商品。「センタン」というブランドで作られています。ホームぺージをみると、創業は昭和5年(1930年)というから、90年近い歴史があるようです。

センタンのHPに掲載されているアイスは、どれも懐かしい商品ばかりです。

この「古都の氷華」、いつ頃から販売されているかは分かりませんが、昭和50年代にはあったかも知れません。何十年にもわたって守り続けている会社に感動です。

アイスキャンディー、あいすくりん・・とても懐かしい響きですね。

売っていたのは「ココカラファイン」

「ココカラファイン」は全国展開が進むドラッグチェーン店ですね。

このアイスの味は記憶にありましたが、ブランド名の「センタン」は知りませんでした。私が知らなかっただけなのか、それとも東海地域ではあまり知られてないのか・・私の知る範囲では、他のお店で商品を見かけることは少ないような気がします。関西では有名な老舗企業なのかもしれませんね。

さらに調べてみると「ココカラファイン」も大阪市東成区のセガミメディクス株式会社と東京都府中市の株式会社セイジョーが経営統合して誕生した会社ということなので、一方の所在地が林一二株式会社と同じ大阪市東成区であり同じですね。想像ですが仕入れでつながりがあったのかもしれないですね。

余談ですが・・

2年ほども前、近所に「ココカラファイン」が出店しました。気のせいかも知れないですが、店内の生鮮食品コーナーには、古き良き時代の空気感を感じます。例えば焼きそばを10円で販売したり、賞味期限が近い商品は普通に30%、半額にしてしまうとか・・今風のドラッグチェーンにはないですね!

令和になっても残したい昭和の味
遠い夏の日の味

遠い夏の日の味

時代とともに次々と新商品が開発され発売されていく中、日本が青春だったころの時代に、日本人が愛し続けてきた味が残っています。アイスだけでなく、インスタント食品、ジュースなどにもまだまだあります。

不思議なもので子どもの頃に記憶した味は、何十年たっても忘れないものですね。これからも時代に流されることなく、守り続けて欲しいものです。