「楽天モバイル」で感じたメリットとデメリット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「楽天モバイル」利用3か月目
個人的な感想と評価です。

2021年3月に「楽天モバイル」に乗り換えました。同時にスマホも「AQUOS sense4 lite=アクオス センス4 ライト」に買い替えました。

楽天モバイルの評判

このページの内容は個人の感想であり、評価・評判は利用環境、スマホ利用状況によって異なると思います。

利用環境です

老眼世代のおじさんです^^;。パソコン使用暦は30年以上と長いですが、スマホは苦手。スマホゲームなど使ったことないし、ネット検索もYouTubeもパソコンがほとんどです。

スマホ利用は電話、メール、ラインくらいで、いわゆるライトユーザーですね。データー使用量は月に1GB以下がほとんど。たまに外出先でのデザリングを使っても2GB~3GBくらい。場所は名古屋市近郊で楽天回線エリアです。

良かったと思う点(メリット)

  1. やはり料金。1年間無料のキャンペーン中に乗り換えました。通話がメインなので無料というのは助かります。キャンペーン終了後も多くの月は0円で済みそうです。
  2. デザリングはデーター容量を気にしなくていい。(使用頻度は少ないけど)
  3. 屋外での通話品質は良く快適です。(これまで圏外表示なし)
  4. 屋内でデーターの通信がWi-Fi接続であれば問題ありません。

契約は店頭で行い、その日のうちに新しいスマホを含めて変更完了。3月時点では来店予約が必要でキャンペーン終了が近いこともあり、予約が取りづらい状況でした。スマホの購入は在庫確認が必要です。また楽天モバイルショップ以外(家電量販店)などでは、一括支払いしか出来ないケースがあります。

携帯電話使用歴はもう20年以上で「090」世代です。PHSから始まり「ツーカー」→「au」→「ソフトバンク」→「ワイモバイル」→「楽天モバイル」です。

スポンサーリンク

悪いと思う点(デメリット)

  1. 屋内の通信と通話品質です。電波状況はお世辞にも良いとは言えません。楽天回線エリアの場合、電波状況が悪くても先ずは楽天回線で接続するようなので、たまにだけど通話が切れたり、圏外になることもあります。やはりプラチナバンド(電波の周り込みに有利な周波数帯)が使えないため、屋内では不利ですね。屋外はまったく問題ありません。
  2. デザリング時の通信速度は不安定。名古屋市内の建物内でノートパソコンのネット接続時にデザリングしたとき、極端に速度が低下したときがあります。これも場所によるとは思いますが、安定とまでは言えないと思います。

「楽天モバイル」を
おすすめする人、しない人

「楽天モバイル」がもっともアピールしているのが、「Rakuten UN-LIMIT=楽天アンリミテッド」。データー使用量が無制限(ゼロ宣言)で2,980円の低価格ですね。しかし現状では楽天回線エリア内で、かつ回線品質が良い地域(場所)でなければ、通信・通話に不安が残ります。

契約前に実際の回線品質を確認するのは困難ですね。ネット情報だけでは、環境がそれぞれ違うため予想外もありそうです。可能なら「楽天モバイル」を利用している友人・知人などに、屋内の電波状況確認に協力してもらえると良いですけどね。

楽天モバイルの料金プランは、月のデーター使用料(区分)での定額制。(いずれも税別)

  • 1GBまで:0円
  • 3GBまで:980円
  • 20GBまで:1,980円
  • 20GB超:2,980円

おすすめする人

「MM総研」の調査によると、スマホ利用者の平均データー使用量は7GB弱、中央値は3GBということです。若い人はスマホ中毒?と言われるくらい使用頻度、データー使用量は高いと思いますが、中高年世代では通話やメールがほとんどの人も少なくないかもですね。

  • お住いが楽天回線エリア(楽天回線が使える地域。楽天モバイルサイトで確認が必要です)
  • 生活や仕事の行動範囲が楽天回線エリアの人
  • 「楽天モバイル」はプラチナバンドが使えないため、建物の環境によっては、回線品質が悪い場合があります。多少の不便さは容認できる人(※)
  • 回線品質は改善が図られるそうなので、今後に期待できる人。

※楽天モバイルが指定する光回線の場合、屋内用小型基地局「Rakuten Casa」を設置することで改善は可能です。

スポンサーリンク

おすすめしない人

通信や通話の安定性を求める方は、今しばらく様子を見たほうが良さそうです。

  • 通信ゲーム、YouTubeの利用などで回線品質(速度)が重要な人。ただし回線品質が良好であれば、データー使用量無制限のメリットがあります。
  • 仕事などで行動範囲が広い人。2021年夏頃までに楽天回線エリアの人口カバー率は96%と発表していますが、安定した通信品質が期待できるかは分からないですね。
  • レジャーなどで山間部など郊外に出かけることが多い人。
  • 通話が少しでも途切れたりしたら困る人。(特に建物内での通話)

個人的な評価

「楽天モバイル」の前は「ワイモバイル」を利用していました。通話・メール等がメインでも月に6千円程度の料金でした。それが実質0円になりメリットは感じています。しかし通信の安定性は楽天回線エリアとはいえ、屋内では期待外れというより予想外でした。

しかし屋外ではまったく問題なく快適に利用できており、モバイル端末の目的ではOKです。現状ではすべての人にお勧めは出来ないですが、とりあえず外で大きな支障がなく使えればOKという方であれば良いかも。屋内は今後の回線品質向上に期待しています!

「楽天」さんの挑戦にはエールを送りたいですね。大変な時期だと思いますが頑張ってください!

「楽天モバイル」に乗り換え2か月半くらい経過したとき、「ワイモバイル」から電話があり、乗り換え後の状況を聞かれました。各キャリアとも競争は厳しいようで「楽天モバイル」に、私のようなライトユーザーが流れることに危機感があるのかなと想像します。

関連記事
スポンサーリンク
製品レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オールジャパン